.

自己破産にあたって抱えている負債に対し保証する人が存在する場合は早い段階で話しておいたほうが無難です。ここで、強調しておきますが保証人となる人物がいるときは、自己破産前にちゃんと考えておかなければなりません。なぜかというとみなさんが破産宣告をして免除がおりるとその保証人があなたが作った借り入れをまとめて果たす義務があるからです。なので、破産をする前に保証人となる人に、詳細とか現状について説明しお詫びの一つもなければいけないでしょう。これはあなたの保証人からすると当たり前です。負債者のあなたが破産の手続きをすることによって、いきなり高額の借金が生じることになるのです。それで、以降の保証人となる人の考慮する選択肢は次の4つです。1点目ですが保証人である人が「すべて返済する」という方法です。保証人である人がいきなり多くの負債を苦労することなく完済できるほどの現金を所有していればそれができるでしょう。でもその場合、そのまま破産申告せずあなたの保証人に立て替えてもらいこれからはあなたの保証人に月々の返していくという形も取れると思います。保証人がもし債務者と親しい関係にある場合などは、期日を繰り延べてもらうことも可能かもしれません。保証人がまとめて返済不可能だとしても貸金業者も分割支払いに応じるものです。あなたの保証人に破産申告を行われてしまうと貸したお金がなにも戻ってこないことが考えられるからです。保証してくれる人がお金を全部立て替える経済力がないなら、あなた自身とまた同じくどれかの借金を整理することを選ばなければなりません。続いては「任意整理をする」処理です。この方法は債権者と相談する方法で3〜5年の時間で弁済する形になります。弁護士などにお願いするにあたってのかかる経費は債権者1社ごとに4万円。7社から契約があればおよそ28万円かかることになります。また貸方との示談を自分ですることもできないことはないかもしれませんが、法律の経験も知識もない方の場合相手側が確実に有利な内容を勧めてくるので、気を付ける必要があります。また、任意整理を行うとしたとしてもあなたの保証人に債務を立て替えてもらうわけなので長くかかるとしても保証人になってくれた人に支払いをしていく必要があります。さらに3つめはあなたの保証人も返済できなくなった人といっしょに「破産を申し立てる」場合です。返せなくなった人とともに破産手続きをすればその保証人の負債も帳消しになります。ただし、不動産などを所有している場合は価値のある個人資産を没収されてしまいますし、法令で資格制限のある業務に従事しているならば影響を受けてしまいます。そういった場合は、個人再生による手続きを利用できます。最後に4つめの方法としては、「個人再生による手続きを取る」方法についてです。マンション等の不動産を処分せずに整理を望む場合や、破産では影響が出るお仕事にたずさわっている場合に利用できるのが個人再生という制度です。この方法の場合自宅は手元に残りますし自己破産のような職業の制限資格にかかる制限がかかりません。